読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強がてらアンテナサイトを作成してみた②

技術要素

AWS,Linux,ドメイン,DNS


はじめに

今回はAWSと呼ばれるサービスで、サーバを構築してみます。


大まかな作業
  1. AWSアカウント作成
  2. AWS LightsailでLAMP環境構築
  3. ドメイン購入とサーバの紐付け

AWSアカウント作成

割愛。どこかのサイト参考にしてください。


AWS LightsailでLAMP環境構築①
  • AWS Lightsailとは

AWSが2016年12月1日に出した新サービス。簡単にLAMP環境などのサーバを構築できる。(初めて試してみたけど簡単すぎてすごい)

  L → Linux

  A → Apache

  M → MySQL

  P → PHPperl, python

これで分からない人は、https://liginc.co.jp/246048 を読んでみてください。


AWS LightsailでLAMP環境構築②
  1. Lightsailを選択。

f:id:yamanaka-yasu:20161214211052p:plain:w300

  1. Lightsailの画面でcreate instanceを選択する。画面のデザインかわいい。

f:id:yamanaka-yasu:20161214220110p:plain:w300

  1. LAMPを選択。

f:id:yamanaka-yasu:20161214211508p:plain:w300

google翻訳LAMPイメージの説明を読む。

Bitnamiが提供し、BitRock Inc.が販売するLAMPは、PHPアプリケーションの開発と展開を大幅に簡素化します。これには、ApacheMySQLPHPphpMyAdminの各バージョンを実行するのに必要な他のすべてのソフトウェアのすぐに使えるバージョンが含まれています。 Bitnami LAMPStackは完全に統合され、構成されているため、Amazon EC2にAMIが起動するとすぐにアプリケーションの開発を開始できます。 Bitnami LAMPStackは定期的に更新され、バンドルされている各コンポーネントの最新の安定版リリースに常にアクセスできるようにしています。

  1. サーバのサイズを選ぶ。一番安い月5$を選択。

f:id:yamanaka-yasu:20161214211210p:plain:w300

  1. サーバに名前をつける。まぁ適当に。

f:id:yamanaka-yasu:20161214211205p:plain:w300

  1. サーバができている最中。

f:id:yamanaka-yasu:20161214211201p:plain:w300

  1. サーバができた。

f:id:yamanaka-yasu:20161214211153p:plain:w300

  1. サーバにつないでみる。Connect Useing SSHを押す。

f:id:yamanaka-yasu:20161214211150p:plain:w300

  1. サーバにつながる。。5分くらいで環境構築できてしまった。。すごい簡単。。AWSすげぇ

f:id:yamanaka-yasu:20161214211233p:plain:w300

  1. ブラウザにグローバルIPを入れてみる。bitnamiできてる。。すごい簡単。。AWSすげぇ

f:id:yamanaka-yasu:20161214214559p:plain:w300


ドメインの購入と紐付け

まとめ中。追記します。